保証人を引き受けるということ

連帯保証人と名のつくものは、それなりに重い責任が伴います。 それは、お金を借りる場合も、家を借りる場合も同様です。 しかし、家を借りるときは、そこまで深く考えないのではないでしょうか。 賃貸契約時の連帯保証人とは、どういった責任を負うのでしょうか。

保証人が見つからない!そんなときの対処法

最近は、家族が遠くに住んでいたり、様々な事情があって保証人を頼める人がいない、といったことも珍しくなくなってきました。 だからといって、部屋を借りることができないかというと、そんなことはありません。 保証人が見つからない時の、対処法を見ていきましょう。

こんなことになるなんて!保証人のトラブル

新しいビジネスである保証会社は、法整備が進んでいないこともあって、トラブルの元になることがあります。 従来の借主と貸主だけの関係では起きなかったことも、間に保証会社が入ったことで、トラブルとなる場合も起こってきています。 保証人のトラブルについて見ていきましょう。

連帯保証人の基礎知識

賃貸の契約をする際に必要となるのが、連帯保証人です。
連帯保証人は、基本的に貸主のリスク低減のためのシステムです。
借主が職を失ったり、病気になったりして、収入がなくなった場合に、家賃の支払いを連帯保証人に請求し、回収することができます。
また、連帯保証人をつけていれば、借主が家賃を滞納することも減るでしょうし、トラブルを抱えた人や家出人に部屋を貸すリスクも減らすことができます。
貸主には、非常にメリットの多いシステムなのです。

賃貸の契約を結ぶことになり保証人が必要となった時、最近は保証会社の利用も増えてきていますが、親や親せきに頼んだ、あるいは頼まれたという経験のある方は多いと思います。
連帯保証人を軽々しく引き受けるのは危険と思っている人でも、借金と違い賃貸の連帯保証人ならば、それほどの抵抗もなく引き受けてしまうのではないでしょうか。
特に近しい人から頼まれることがほとんどなので、断ることも難しい場合が多いでしょう。
しかし、思いもよらないトラブルに巻き込まれる事態も起こりうることを、知っておいたほうがいいでしょう。
連帯保証人は、借主と同じ責任が生じるので、家賃の請求を受けるだけでなく、原状回復の費用や、場合によっては、借主の不注意による火災の保証金を請求されることもあるのです。
もちろん、何百万といった請求をされることはまれな例ですが、名前だけ貸せばいいといった考えでいると、大変な目にあうことになるかもしれません。
連帯保証人になるとはどういうことなのか、一緒に見ていきましょう。

おすすめリンク

横浜市でマンション管理会社に勤務

横浜市には多くのマンションが建設されています。マンション管理会社に勤務する方法!

オークションで不動産を売買するときの総合情報

不動産を売りたい人、買いたい人、双方にとってお得な不動産オークションについて徹底解説します!

飯能で家屋リフォームを考えるなら

古くなったマイホームを住みやすく改装したい人へ!飯能でリフォームするための情報を集めました!

住宅のことなら谷口実業へ

お住まいでお悩みの方はいますぐ谷口実業へ!お客さまが望むお客さまにピッタリの住宅を提供します