おもちゃを使った幼児教育

おもちゃで幼児教育

おもちゃを使った幼児教育

一歳から六歳までの間に行う教育を、幼児教育と言います。
幼児教育といっても、机に座って行うような勉強だけではありません。
一歳から六歳までの間で、それぞれの年齢に合った遊びや歳の近い友達と関わっていく中で、様々な発見や驚き、経験を重ねていくことが、幼児教育になります。

つまり、幼児教育とは、一歳から六歳までの間に経験した事柄のすべてが、幼児教育と言えます。
一歳から六歳までの間は、物事の吸収が良い時期になります。

幼児期と一言で言っても、幼児期は年齢によって成長に大きな差があります。
一歳から二歳のころは、歩き始めるようになり、外部の世界を知っていき、それにより、段々と自我を形成していきます。
また、このあたりは、イヤイヤ期を迎える年頃でもあります。
三歳から四歳のころになると、自分の周りにいる友達とかかわることが増えて、社会性を身に付けはじめます。
五歳から六歳のころでは、運動能力や言語能力などが発達していき、コミュニケーション能力も高くなります。
幼児期のころには、大脳神経系の約八割程ができあがると言われています。
なので、人格形成や能力などの基礎の部分をつくる時期と言えます。

幼児教育によって、子どもが色々なことに興味を持つようになります。
好きなものこそ上手なれというように、興味を持つことはその子供の得意不得意を知る機会でもあり、子どもの可能性を広げるきっかけになります。
幼児教育を行うことで、子どもの自主性を育むことができます。

しかし、子供の将来のためだからと、嫌がる子どもに無理に幼児教育を行わないように、気を付けましょう。
幼児教育は、子どもが楽しめるものを行うことが大事になります。

幼児教育の意義

幼児教育のための塾や教室というものがありますが、塾や教室に通うためにかかる費用の問題や子どもが行くのを嫌がる可能性があります。 幼児教育用のおもちゃと言うものが販売されています。 これは、いつでも自宅で行えるおもちゃを使った、遊びながら学ぶ幼児教育になります。

おもちゃで遊ぶ時に気を付けておくこと

おもちゃを使った幼児教育は、子どもがおもちゃで遊びながら学習する、幼児教育になります。 おもちゃで遊ぶことだけが、幼児教育だけではなく、おもちゃを使った後の片付けの際も幼児教育を行う機会になります。 幼児教育を行う際には、気を付けておく点があります。

おもちゃとその目的

数ある幼児教育用のおもちゃを購入する際には、子どもに伸ばしてほしい能力を踏まえてから、購入するのが良いです。 幼児教育では、ひらがなの読み書きや足し算引き算の計算ができるようにする、英語を覚えさせることが思い浮かびます。 しかし、こういったものは学校に通うようになると、みんなが覚えることになります。

TOPへ戻る