おもちゃで幼児教育

おもちゃとその目的

おもちゃの目的について

幼児教育用のおもちゃを選ぶ際の注目すべきポイントは、その幼児教育用のおもちゃが持っている目的です。
幼児教育用のおもちゃの持っている目的とは、そのおもちゃが子どもの能力のどれを育むためのものなのか、になります。

例としては、紐を使ったおもちゃであるならば、子どもの指先の触覚を育てるのが目的のおもちゃです。
音を出すようなおもちゃの場合には、子どもの聴覚を育むことが目的になります。

同じ目的を持ったおもちゃばかり購入しても、子どもの成長に偏りができてしまいます。
聴覚を目的としたおもちゃばかりを買い与えていても、触覚の訓練にはなりません。
幼児教育用のおもちゃは、バランスよくそろえるようにすると良いです。
おもちゃを購入する前には、すでに購入しているおもちゃの目的と同じではないことを確認しましょう。

運動能力を高めるおもちゃ

幼児教育用のおもちゃと言えば、積み木のようなブロックや押すと音が出るおもちゃなどが代表的なものになります。

文字と絵が書かれたカードは、言葉や文字、ものの名前を学習するためのものになります。
音が出るおもちゃはリズム感、積み木やお絵かき用のおもちゃなどは、子どもの創造力や独自性、集中力を高める効果を目的としたおもちゃになります。

幼児教育用のおもちゃと言えば、子どもの知能を高めるためのおもちゃが代表的です。
幼児教育用のおもちゃは、知育玩具と呼ばれているように、子どもの知能を育てるものと思われていますが、中には子どもの運動能力に高める目的のものがあります。
バランスボールや木馬、ソフトボーリングなどのおもちゃは、子どものバランス感覚や運動能力を高めることを目的とされたおもちゃになります。


シェア
TOPへ戻る